日記

ベンチと看板制作。

山桜大型ベンチとブラックウォールナット看板制作。
ベンチは脚部分は鉄骨で他で制作とのことで天板だけ制作させていただきました。

ものすご~くいい材、、切るのもったいないが少しずつカット。
山桜はなかなか大きい材料がとれないため希少だね。ほんとにきれい。すごい重さ。

千切りもがっつりいれましたね。
なかにアクリル板を埋め込むためほりほりします。

よし今日はここまで~

【木工房 木蓮】
ADD :〒196-0013 東京都昭島市大神町2-4-3
TEL :042-519-2984
MAIL:info@mokumokuren.com

最近のご依頼紹介。

前板に木目のつながった総欅漆塗り箱
欅は漆を塗るとかなり「和」のテイストが強くなっていくのを抑えながらのデザイン。
和の部屋にもシャープな洋室にもあうように。
でも少し色味が強すぎたかな~

漆塗りの汁椀ぞくぞくと出させていただきました。
自分で好きに作ってお買い上げいただくとやっぱりうれしいものね。

うちの漆器は一生面倒見ますよ~

【木工房 木蓮】
ADD :〒196-0013 東京都昭島市大神町2-4-3
TEL :042-519-2984
MAIL:info@mokumokuren.com

新規材料の仕入れに銘木屋さんへ。

先日お客さんの希望の木が不足していたため材木屋さんへゴー。

必要な材よりもどんどん別の方向へ目が、、、

いや~よだれが、、、

こういった巨木が育って製材、乾燥し人が使えるようになるまでものすごい時間が必要なんだ。

やはり木工屋としてはこういったことをしっかりふまえつつ仕事をしていきたいと思う。

またこういった昔ながらの材木屋さんは本当に気が大好きで大好きで。

気がついたら二時間もはなしこんじゃったりしてね、、

でどんどんほしくなっちゃうわけよ。

【木工房 木蓮】
ADD :〒196-0013 東京都昭島市大神町2-4-3
TEL :042-519-2984
MAIL:info@mokumokuren.com

他作家さんの漆塗りと漆塗り欅箱制作。

木蓮では他作家さんの漆塗りも承ります。

結構木工屋さんは漆が苦手な方がなぜか多い。(匂いかぐだけでかぶれるレベル)

おかげで結構仕事にもなるんだけどね。

これは花を挿したりする水差しね。

少しずつ進めていたあられ組み欅漆塗り箱も完成まじか。

【木工房 木蓮】
ADD :〒196-0013 東京都昭島市大神町2-4-3
TEL :042-519-2984
MAIL:info@mokumokuren.com

スタッキングスツールとギャラリースペースの入れ替え。

今度お店で販売していただくスタッキングスツール。

木蓮お馴染み通しホゾクサビ締め、今回上質の楢(オーク)で制作しました。

平行してギャラリースペースの漆器の入れ替えも、、栃(とち)欅(けやき)の

大皿や少しバリエーションを変えた汁椀を展示中。

こちらは木蓮で使用している仕上げ用ウォールナットオイルですね。

一人で一リットルは結構長期間使用しても意外と減ってないものね。

食用として販売されているものなので特にアレルギーがなければ口にいれても大丈夫。

【木工房 木蓮】
ADD :〒196-0013 東京都昭島市大神町2-4-3
TEL :042-519-2984
MAIL:info@mokumokuren.com